「柔道とJUDO」

朝テレビでいっていた。


『柔道』と『JUDO』は違ってきている。


『柔道』は武士(もののふ)の精神で、美しい勝ち方や過程も大事。


それに対し、今オリンピックで重要なのは、「勝つ」ことだけ。どう勝とうが関係ない。それが『JUDO』。


だから、日本の選手は勝ちづらい。日本の選手もその『JUDO』にあわせていかなければならない、と。






わたしはえ~っと思った。


もう根本的な精神が違うのに、同じ土俵の上で戦うなんて、って。


もはや、『柔道』と『JUDO』は違うスポーツではないのか。


いっそのこと、日本『柔道』は世界から撤退し、相撲と同様、国内で楽しむべきではないのか。


ここら辺で、『JUDO』と袂を分かつことをしないと、日本の「柔らの道」が消滅してしまうような気がしてならない。





わたしは柔道をやったことはないが、時代小説などにも柔道はでてくる。


鋭い刃のような研ぎ澄まされた精神と、終わったあとの清清しさ。


文面からでも伝わってくる。


なぜ、それを捨ててまで、世界で勝つ必要があるだろう。




時代はどんどん変わっていくものだが、変わってはいけないものも確かに存在する。


失くしてからでは遅いのだ。


行ってはいけない方向に、向かっているような、世界の終わりが近づいてきているような、そんな気持ちに、朝からなってしまいました。。。。

 

イメージ 1

                       今の心の中はこんな感じ。。。。